1倍速で生きる

力抜いて気を入れて

いきれ ( 造語 )  新明解国語辞典から一つ選んで書いてみる

こんにちは!

文章を書くには、正しい言葉を知っていこうと思い、辞書を買いました。

印刷版です。本は印刷版のほうが好きという方も多いと思います。指先に触れる紙が心地良い。学生時代の名残でしょうか。

 

パラパラめくっていると…

【いきれ】( 造語 )という言葉をみつけました。

意味は『おおぜいの人の息・体温から発したり、生い茂った夏草から蒸散したりする熱気のために、暑くてむっとする状態。また、その熱気。』

「人いきれ・草いきれ

 という言葉が、目に留まりました。

 今日は、思い出したエピソードを書きます。

 f:id:nantonaku_only1:20200621185125p:plain

10年前、満員電車での通勤が日常だった。夏場のラッシュ時は、どの車両も人いきれでむせ返るよう。

ホームでは、上り下り共に乗車待ちの列ができていて、人を掻き分けながら歩かないと進めない混みようだ。

列車が入ってくるが、すでに満員状態。

表情を変えることなく、迷わず乗り込んでいく人々、全身で押し込む駅員たち。

扉が閉まると、発車の合図でゆっくり動き出し、やれやれという駅員の顔が流れていく。いつものことだが、侮蔑された気分になる。

あとは、誰もが平静を装って、目的地まで静かに耐えるだけだ。

 

ほぼ全員が終点で降りる。

ドアが開き、扉付近の乗客たちが、ダムの放水のように溢れ出た。

こけそうになる人、前髪の乱れを気にする人、進む方向だけを見据えた人、さまざまだ。

ホームに出ても混雑は続く。改札を出るまでは、まだまだ人との距離が近い。

別に不自然なことではない。でも。

それにしても、あの日は妙に近かった。しかも、何か言っている。

「…えっと、あの…あ、ちょっと!」

人間不信で猜疑心が強かった私は、なんですか?、と、ぶっきらぼうに振り返った。

怖い顔をしていたのだろう。

相手は目をまん丸に見開いて、狼狽していた。

「ちがうんですよ、あの、紐が…」

見ると、私のカバンから水筒の紐が出ていて、男のワイシャツのボタンに引っ掛かっていたのだ。

わっ!ごめんなさい!!、と言って外した。

男は、ちょっと口をとがらせて「いえ別に…」と去って行った。

 

なぜあんなに、人に怯えていたのだろう。満員電車の通勤は、幸せを何一つ与えてくれなかった、と今でも思う。

そういう暮らしと、折り合いがつけられなかったのだ。

 

人いきれなんて、無縁の環境にいる。少し哀しくて、懐かしい遠い日の話だ。

f:id:nantonaku_only1:20200621185125p:plain

                       f:id:nantonaku_only1:20200621192250p:plain

 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。