1倍速で生きる

力抜いて気を入れて

生きづらさを意識したことがありますか

こんばんは!

10時起床の一日は、短く感じますね。明日はもう少し早く起きようと思います。

 

みなさんは、毎日が順調ですか?そこそこ?とても?まったくダメ?

この感覚の違いって、原因はなんなのでしょうね。気の持ちようとか、笑ってるといいことを引き寄せるとか、目標に向かう正しい方法を知ってとか、人との出逢いで人生激変するとか、いろいろな話は見聞きします。

だけど、実際のところの幸福感や充足感は、人それぞれのアプローチで得るもの。これが万人に共通する方法ですって言い切れない。結局、運なのかなあとか、自分のなにがイケなかったのかなあとか、思い巡らせてしまいます。

 

自己啓発本を読んで、だんだんとスピリチュアルな方向へ流れ、心理学へと切り換えたり、仏陀アーユルヴェーダにも寄り道して、ほとほと困り果てた今は、自分の来し方に焦点を当てています。

その中で浮かんできたのが「発達障害」というキーワード。専門家から診断されたわけでも、第三者から指摘されたわけでもありません。ただ、それらにまつわる特徴が、誰にだってありそうな癖だったり、困りごとのような印象を受けました。障害と診断されたりされない境界線は、なんだろうと思いました。

 

検索したら、関連図書が、こんなにも出版されているんですね。

f:id:nantonaku_only1:20200715180242j:plain

すべて読みたい気持ちになります。手掛かりとして選んだ一冊が、こちらです。

続きを読む

パン!

食べたくなったら、焼く。幸せな気分。

凝ったパンや焼き菓子も、作れるようになったら最高だけど。それは、またの物語。

今は、素朴で実験的なパン焼きと、焼き菓子作りが、嬉しくてたまりませ~ん。

先日、アメリカ在住のYouTuberさんのレシピを真似て、捏ねないパンをやってみたんだけど。小麦粉の性質の違いなのか、気温湿度の違いなのか、生地がベタベタで。

それでも美味しくて、感動しました。

matunao.me

今日は、ほんの少し水分を減らして、さらに、捏ねてみました。ぜんぜんまとまらないけど、お構いなしに、ずっちゃずっちゃと、練り練りしました。

さらに、とろけるチーズの載せたりして、やりたい放題~。

そしたら、思いのほか、これも美味しく焼けましたよ。 

f:id:nantonaku_only1:20200712181256j:plain


捏ねたせいか、生地の層が前よりきれい。↓

続きを読む

誰もが盗み慣れてないからね

Twitterで、目を惹くニュースが投稿されてたね。

「盗めるアート展」の一部始終 200人がつめかけ、開始1分で10作品がすべて盗まれる #盗めるアート展 #samegallery https://bunshun.jp/articles/photo/38947?pn=6

 

お目当てのアートを、堂々と盗むことが出来るという、ユニークな企画です。

開場は零時。ところがそれよりも早く、なかりの来場者で周辺が混雑したため、20分も繰り上げてスタート。どっと来場者が雪崩れ込んだという。

近辺住民から苦情が出て、警察が参上する事態に。

↑のURLからは文春オンラインへ飛べる。写真も掲載されていて、その中の一枚には注意書きがあった。

アート泥棒さまへのお願い

近隣の方々への迷惑となりますので、展示開始10日0時までは、ギャラリーの前には溜まらずに、各々離れたところで、人目を忍んでお待ちください。

時間通りにオープンいたしますので、ひっそりとご来場ください。 

 常識とユーモアが、いい感じに混ざってる。

これを読んで、私の妄想が、突然動き出しました。

だって想像してみて、住宅街の(かどうか定かでないけど)一角に眠る数々のお宝。今宵、挑戦状を受けた怪盗たちが、どこからともなく虎視眈々と狙って来る。そう、彼らは皆、日頃は良き市民として紛れ込み、けして身を明かさないのだ。

続きを読む

取っ散らかってもだいじょうぶ!

やたらと、すべきことが多くて、息苦しくなります。

これ、他の人から見たら

「そんなにやらなきゃいけないこと、ある?」

「それって、どうしてもやらなきゃいけないこと?」

てこともあるみたいで。

「別にやらなくて、いいじゃない?」

「こことここは、省いても問題なさそうだよ?」

なんて(良かれと思って)言ってくれても、逆に苦しくなってしまう。

いや~ね~、損な性格!

似たような覚えがある人、いらっしゃいませんか?

 

続きを読む

不器用さんにも しあわせの焼きたてパン

ずいぶん久しぶりです。

パンを焼くことの便利さに気づきました。

レシピ本を買いに行かなくても、ささっと動画で見れてしまうという時代。すごいな。

あとは、やるか・やらないか、だけ。

 

250gの強力粉で、ちょうどよい大きさのが、6個できるレシピなのですが、一次発酵が長過ぎたためか、ぬるま湯が少し多かったためか、生地がベタベタになってしまい…

切れませんでしたあ!失敗要因が多すぎ!かっこよくないなー。

でも、ちゃんと焼けました。隕石が~。

続きを読む

アジサイ

20代のころ、ムチムチやテカテカが嫌だった。丸い頬も、丸い鼻先も、張った腿も嫌いだった。できるなら、一日でも早く、頬が入らになり、全体的に筋が目立つようなフォルムになりたかった。

職場のパートタイマーさんは、私より20歳も年上だった。若いっていいわねという誉め言葉(多分)に対して、いいえ!私、早く枯れたいんですよ、枯れた大人の女性に憧れるんです!と、生意気にも、無神経にも、恥ずかしげもなく言い切った。

ぇえ~!もったいないことを~、と叫びに近い声を上げていたパートタイマーさんは、ほんとうに優しい方だったな。

 

そして、現在、50代。

思い知るのだ。頬は平らを通り越し、削げてしまうことを。ちょうどいい塩梅には、留まってくれないことを。筋が目立つのは上半身ばかりで、実は、下方へと移動しただけってこともあるということを。

年を重ねれば、美しく枯れることができるだなんて、なんというお馬鹿さんなッ!若い私が憧れたのは、人生を自分で切り開いてきた女性たちだったのに。彼女たちの生き様こそ、知るべきだったのに。

 

先日、庭の草取りをしたとき、葉脈(と言っていいのだろうか?)だけになったアジサイを見つけた。

f:id:nantonaku_only1:20200701232538j:plain

この美しさ。

瑞々しく咲いている花は、文句なしに美しい。ハッと目を惹くし、一瞬で気持ちが明るくなる。

ドライフラワーを通り越した、このアジサイには、思わず目を見張ってしまう。何に惹かれるのか、言葉が見つからない。ともかく、小箱にそっと、保管した。

 

諦めてない。美しく枯れるのは、まだまだこれから。

久しぶりに走ったら、ぽちゃぽちゃしてるとこがあるのだから。笑